supporter's room


【池上正氏講習会】


【競技規則】


【子供のサッカー10か条】~デンマークサッカー協会~

  • 子どもたちはあなたのものではない
  • 子どもたちはサッカーに夢中だ
  • 子どもたちはあなたとともにサッカー人生を歩んでいる
  • 子どもたちから求められることはあっても、あなたから求めてはいけない
  • あなたの欲望を、子どもたちを介して満たしてはならない
  • アドバイスはしても、あなたの考えを押し付けてはいけない
  • 子どもの体を守ること。しかし、子どもたちの魂にまで踏み込んではいけない
  • コーチは童心になること。しかし、子どもたちに大人のサッカーをさせてはいけない
  • コーチが子どもたちのサッカー人生をサポートすることは大切だ。しかし、自分で考えさせることが必要だ
  • コーチは子どもを教え、導くことはできる。しかし、勝つことが大切か否かを決めるのは子どもたち自身だ


                            〜デンマークサッカー協会

自立の第一歩

Navi.1

サッカーは子どもを大人にし、大人を紳士にする

 

子どもなりに、自分で必要だと思うことを自分でやることが大事

 

 サッカーの試合に行くと、よく見かける光景があります。試合場でのチームの場所取り、飲み物も着替えも、何から何まで親が準備。子どもはただ単に用意されたものを飲み、言われるままに着替えるだけです。いつも必ずそろっているから、「ありがとう」とさえ言わない選手もいます。

 

 お手伝いいただくのはたいへんありがたいことです。でも多くは子どもたち自身で十分にできること。あるいは、子どもたち自身が、したほうがいい、する必要があるとわかることです。むしろ、子どもなりに、必要なことは自分で必要だと思って、自分でやるということこそ大事。

 足りなかったり不便だったりしたら、自分で考えて、工夫したり相談したりで何とかする。そして次にはそうならないようにすることが大切です。

 

 私たちは、サッカーでは自立が大切であると考え、自立した選手を育成しようとしています。

自立しているというのは、自分自身で判断して、責任をもって行動する、ということです。

 誰かにやれと言われたから、ではなく、自分自身がやりたい、やったほうがいいと思うからやる。

 失敗も自分の判断によるもの。誰かのせいにはできません。

 

 また、何から何まで大人がそろえてくれる環境に子どもたちが「あって当然」と思うことは間違いです。

 用意してもらえない環境では何もできない、適応できない子どもになってしまうでしょう。

何から何まで常に用意されている環境を与えることがマイナスとなることもあるのです。

 

 サッカーの合宿に集合したときに、スパイクシューズを忘れてきた子がいました。その子に聞くと、いつも自分ではなく母親が用意をしているので自分のせいではない、とのこと。親が電話をしてきて、届けに来ると言います。「運動靴でやらせるから結構です」とお断りしました。3日間の合宿で、その子はすべりやすくてやりにくそにはしていましたが、運動靴で最後まで練習をしました。その後、その子は決して忘れ物をしないようになりました。お母さんによると、それ以来、必ず自分自身で用意するようになったとのことでした。

                        ~ベストサポーターから抜粋

 

ダウンロード
ベスト サポーター
めざせ!ベストサポーター
子どものために良かれと思うその気持ちが最適な方向になるために。
(財団法人 日本サッカー協会 技術部より発行)
best_supporter_book.pdf
PDFファイル 8.5 MB
ダウンロード
子どもが主役ーめざせ、ベストサポーター
best_supporter_flyer.pdf
PDFファイル 231.5 KB

ダウンロード
子どもからの招待状
poster01.pdf
PDFファイル 137.5 KB
ダウンロード
子どもエリアに入る前に!
Smile Ok !
子供たちの自立を認め、励ますことができますか?
子供たちにとって良い見本になれますか?
自分の子どもばかりでなく、チーム全体、相手チームにも拍手が送れますか?
サッカー仲間の一員として、他のサッカー仲間全てを尊重できますか?
今日の勝ち負けよりも子どもたちの将来を楽しみにできますか?
poster02.pdf
PDFファイル 123.4 KB

スイスサッカー協会

スイスサッカー協会でもさまざまな取り組みが積極的に行われています。

下に示しているのは、キッズサッカー用のポスター「今日はぼくたちの一日」

 

 Fユース(u-9)の子どもからパパへの手紙(スイスFA 子供向け絵本の前書き)

 

 パパ、パパがこの間ピッチの外に置いてあったゴールによじ登ってレフェリーに文句を言ったでしょ?あの時、僕はすごく頭にきて泣きそうになったんだ。あんな怒り方、今まで見たことなかったよ。たぶんレフェリーが間違ったんだとは思う。でも、僕がたとえパパの言うように「レフェリーのせいで」試合に負けたんだとしても、そんなことはどうでもよくて、僕はとっても楽しかったんだ。

 わかってほしいんだ、パパ。僕はプレーしたい、それだけなんだよ。僕は楽しみたいんだ。だから、僕がプレーをしているときには、「パスしろ!」とか「シュートだ!」とか、叫び続けるのはやめて。パパの言うことはあっているのかもしれないけど、僕が緊張してしまうんだ。

 パパ、もう一つあるんだ。試合中にコーチが僕のことを交代させても、怒らないで。僕は、ベンチにすわってみんながプレーしているのを見るのだって楽しいんだよ。僕らは大勢いるし、みんながプレーしなきゃだめでしょ。それから、僕にサッカーシューズをきれいにするやり方を教えてくれる?僕のなんだからパパがやってくれなくていいんだ。僕が自分でできるようにならなきゃいけないんだよ。それからスポーツバッグは僕が自分で持ちたいんだ。バッグにはチームの名前が書いてあるから、僕がサッカー選手だってまわりのみんながわかるだろ?僕、それが好きなんだ。

 パパ、お願い。試合の後にママに「今日は勝った」とか「負けた」とかって話すのはやめて。

ママには僕がとっても楽しんでいたって伝えてほしいんだ。それから、僕がすごいシュートを決めたから勝った、って言うのもやめてね。だって、そうじゃないんだもの。僕がシュートを決めたのは、仲間が僕に良いパスをくれたからなんだよ。勝ったのは、僕らのゴールキーパーが必死に相手のシュートを防いでくれて、チームの仲間が全員でせいいっぱいがんばったからなんだ。(コーチが僕らにそう教えてくれるんだ)

 怒らないでね、パパ。こんなことを書いてしまったけど。僕、パパが大好きなんだ。練習に遅れてしまうので、これでおしまいにするね。練習に遅刻すると、今度の試合にはじめから出してもらえないんだよ。

 

 じゃあね。